八千代の梨、実は歴史が100年以上もあります。大正3年に村上地区で宮崎キヨシさん、宮崎規矩治さんにより始められました。

やちよ梨100年記念 公式サイトはこちら(歴史や梨農園マップなど梨情報がたくさん)

HPトップのスライドに写る花は、周郷梨園さんの梨の花。とってもかわいらしいですよね。

まるで白いサクラのようです。

(周郷梨園)

梨の花は桜が散った4月中旬頃に満開を迎え、一つの枝から5~7個の花を咲かせます。

梨の花言葉は「愛情」です。梨の木の場合、「慰め」「癒し」が花言葉となっていて、愛情あふれる子に育って欲しいと『梨花 りんか』ちゃんとお子様の名前をつけられる方もいらっしゃるそうですよ。

八千代市の特産品は『梨』村上地区を中心におよそ75戸ある梨農家さんの梨の様子をぜひ気にして見てみてください。