やちよ農業交流センター イベント

これから開催されるイベント  

line_01.png

 

美味しさと笑顔があふれる♪大人気イベント!
2018年「やちよ イチゴ&ミルク まつり」

日時:3月18日(日) 午前10時~午後3時まで

場所:やちよ農業交流センター及び市内観光イチゴ園

内容
① 市内観光イチゴ園入園料の割引券配布 
② 農産物や加工品の直売(野菜・乳製品など)
③ バター作り(参加費200円)
④ いちごジャム作り(参加費300円) 
⑤ 模擬搾乳体験
⑥ 産業用ドローン(㈱スカイテックより)の飛行展示
⑦ 木の実を使ったペンダント作り無料(市民ギャラリー)
⑧ 今年の全国鍋グランプリで優勝の源右衛門鍋で作る
もちぶた炙りチャーシューバージョンとん汁や成田ゆめ牧場などの飲食販売コーナー
⑨ キッズダンス、バンド演奏、YOSAKOI。

※いずれも直接会場へ。なくなり次第終了となります。


問い合わせ:農業交流センター ☎047-406-4778


line_01.png

 

美味しい季節がやってきました 秋の人気イベント今年も開催!
2017年「焼き芋祭り」

焼き芋、さつま芋スティック、源右衛門鍋で作る豚汁の販売、
農機具の展示と写真撮影、産業用ドローン飛行など。


日時:11月19日(日) 午前10時 ~ 午後3時




line_07.png  

イベントレポート

line_01.png

~小さなお子様のいるご家族に嬉しいイベント~

 

2017年11月「焼き芋祭り 」

11月19日(日)今年で4年目を迎えた秋の大人気イベント「焼き芋祭り」。 前日までの雨も止み秋空の下で開催されました。日差しも顔をのぞかせる天候の中、昨年を上回る来場者数で賑わった1日です。

八千代の畑で沢山の栄養と旨味をため込んだ収穫したての「さつまいも」の詰め放題では袋が破れるくらいにいっぱいのお芋達が大人気!ホクホクの「焼き芋」、子供達に大人気のさつま芋スティックには長蛇の列が続きました。

メインステージでは様々なパフォーマンスが行われ耳からも秋の楽しさを満喫してもらいました。
そのほか、素敵な冬のリース作り、簡単バター作り、産業用ドローン飛行など盛り沢山の催しが大盛況!

今後も当館では八千代市の酪農業を通してみなさんが「楽しみ」「学べる」イベントを開催していきます。どうぞご期待ください。


sc171201/1.jpgsc171201/2.jpgsc171201/3.jpgsc171201/4.jpg sc171201/5.jpgsc171201/6.jpgsc171201/7.jpgsc171201/8.jpg sc171201/9.jpgsc171201/10.jpgsc171201/11.jpgsc171201/12.jpg

line_01.png

~小さなお子様のいるご家族に嬉しいイベント~

 

2016年「ママと子どもの健康&栄養フェス」

10月30日(日)たくさんのパパママとチビッ子たちが集まりました。
『母子の体づくりに最も大切な「栄養」をもっと知ってもらいたい!』と管理栄養士さんたちのグループ(NPO母子栄養懇話会SORA豆育成部)のみなさんとわっかが主催したイベント。

ハロウィンにちなみフェイスペインティングや仮装をした笑顔がいっぱい!真面目に大切な「栄養」というテーマが、親子の楽しいひとときと共に繰り広げられました。
離乳食試食会、スムージーづくり講習会、味覚テストといった体験コーナーに、やさしい助産師・産科栄養士の講演会、親子撮影会や楽しいマーケーット等、若いファミリーへの想いがたくさん用意されました。

大好きな家族との健やかな暮しを守るために「食」はとても大切なこと。
心とお腹が温まりながら栄養を感じたイベントでした。


sc161115/1.jpgsc161115/2.jpgsc161115/3.jpgsc161115/4.jpg sc161115/5.jpgsc161115/6.jpgsc161115/7.jpgsc161115/8.jpg

line_01.png

~お芋はぜーんぶ八千代市産~

 

2016焼き芋祭り

11月6日(日)秋と言えば!ホクホクが人気の焼き芋祭!今年も大盛況でした。
今年で3年目、皆様のお芋好きに支えられ、過去最高の来場者数となりお芋が無くなるほどでした。

「焼き芋」や「天ぷら芋」が人気、そしてニッポン全国鍋グランプリでおなじみの源右衛門鍋が長蛇の列に。
今年初登場のドローンのデモ飛行では、その柔軟な飛行性に観衆の皆さんから感嘆の声が上がりました。

そのほか、市民ギャラリーのおしゃれで人気のワークショップや青空ステージでのパフォーマンスにもご来場者が集まり、秋空の1日を焼き芋片手にのんびりと楽しんでいただきました。


八千代市の酪農業の恵みを感じ、美味しく楽しく遊んでもらう当館のイベント、次回は春の「2017いちご&ミルクまつり」(3月)です。どうぞご期待ください。


sc161115/1_2.jpgsc161115/2_2.jpgsc161115/2_3.jpgsc161115/2_4.jpg

line_01.png

~市内の農業男子との婚活イベント~

 

2016年「農婚・農家のイメージ変わっちゃうかも!?」

6月25日(土)市内の独身農業男子との婚活イベント「農婚」が開催されました。 JA八千代市主催による和やかなムードの中、合計28人が参加。
嬉しいことに「農業」に関心のある素敵な女性が多数参加してくださいました。

収穫体験やバーベキューを通じて、全ての参加者が全員と言葉を交わし、新鮮な出会いの機会に堅苦しさもなく笑顔がたえない会場風景でした。

農作業の内容だけでなく、趣味や農業以外の関心事など農業男子の生き方についての話から食べ物の好みまで、話がつきる様子はありません。

次世代の農業を担うたくましい農業男子と農業に関心のある女性との交流は、市内農業の未来への種まきです。実り多い交流を当センターでも応援しています。


sc160701/1.jpgsc160701/2.jpgsc160701/3.jpgsc160701/4.jpg sc160701/5.jpgsc160701/6.jpgsc160701/7.jpgsc160701/8.jpg

line_01.png

~今年もハッピー!ありがとう~

 

2016八千代のマルシェ「ヤルシェ・ブギウギ」

5月7日(土)~8日(日)、今年から2日間開催となりスケールアップしたヤルシェがやってきました。
1日目は「体験」がテーマ。身体を動かすことや、手づくりのワークショップでにぎわいました。
中でもチーム戦のスポーツ鬼ごっこや窓ガラスへのお絵かきは、ドキドキ体験。 心身を思い切り開放して楽しむ子どもたちの目はキラキラでした。

2日目は「ライブ」がテーマ。音楽ライブや出来たてグルメで、心にも栄養補給。
会場の皆さんと感じ合い表現し合った感動は刺激的なエネルギー!
一緒に作り上げた喜びが心に刻まれました。

手づくり雑貨や新鮮農産物のマーケットに市内の人気飲食店も加わり、多くのお客様にご利用いただきました。

出会いとつながり。感じる気持ちと表現する気持ち。
ヤルシェは、参加者が主役のマルシェです。

次なる企画をどうぞお楽しみに!


sc160515/1.jpgsc160515/2.jpgsc160515/3.jpgsc160515/4.jpg sc160515/5.jpgsc160515/6.jpgsc160515/7.jpgsc160515/8.jpg

line_01.png

~青空キレイ!クリーンな自動車が走るまち~

 

電気自動車出発式が開催されました

このたび、八千代市では、日産自動車(株)様よりe-NV200電気自動車(EV)を3年間無償で貸与していただくこととなり、4月9日(土)に当館にて出発式が開催されました。
市長からの日産自動車様への謝辞に加えて、市民ボランティア(市民音楽隊員)が加わった八千代市消防音楽隊のセレモニー演奏が青空に鳴り響き、晴れやかな出発式となりました。
公害となる排気ガスや騒音を全く出さない電気自動車(EV)の普及により、当館にある電気自動車用急速充電器もご利用者が目立ってきました。
人も車もドライブの合間のエネルギーチャージに、どうぞ当館をご利用ください。


sc160415/1.jpgsc160415/2.jpgsc160415/3.jpgsc160415/4.jpg

line_01.png

~春が来た!喜びMAX!~
過去最高の来場者でにぎわいました

 

2016いちご&ミルクまつり

3月20日(日)スタート前から、当館前に車渋滞ができ、今年から用意した臨時駐車場にも開始時間には100台以上駐車のご利用を頂きました。

八千代市産の苺と牛乳が主役のこのイベントも今年で3年目。
すっかり皆様のお馴染となった感があり、過去最高の来場者数となりました。
ご用意した「食べ歩き苺カップ」や「お土産用パック」があっと言う間に完売し、市内の生乳を原料とする乳製品メーカーの美味しい牛乳や乳製品も大人気でした。

ニッポン全国鍋グランプリで優勝歴のある源右衛門鍋も登場!今年も特製「もちぶた炙りチャーシューバージョンとん汁」が来場者の胃袋を温かく満たしてくれました。

そのほか、実物の乳牛さながらの「模擬搾乳体験」では、本物そっくりの乳しぼりに子どもたちが群がり、「牛乳は牛さんのおっぱいなんだネ」と、食のつながりやルーツに想いをはせる場面も。

ステージでは、華やかなキッズダンスやフランダンス、音楽バンドが会場に彩りを加え、米本お囃子会でムードは最高潮に。農事と深いゆかりがある農楽と舞いが春のよろこびを祝福してくれました。

ジャムづくり、バターづくり、工作のワークショップ参加者も子どもたちを中心にたくさんの方々に楽しんでいただきました。

八千代市の酪農業の恵みを感じ、美味しく楽しく遊んでもらう当館のイベント、次回は秋の収穫祭「やきいもまつり」(11月)です。どうぞご期待ください。


sc160401/1.jpgsc160401/2.jpgsc160401/3.jpgsc160401/4.jpg sc160401/5.jpgsc160401/6.jpgsc160401/7.jpgsc160401/8.jpg sc160401/9.jpgsc160401/10.jpgsc160401/11.jpgsc160401/12.jpg