野菜栽培の基礎知識についての講座が開催されました。年齢、性別を問わず、定員いっぱいの方々が受講されました。

 

講師は甲田 暢男さん。
豊富な知識とやさしい声色で、わかりやすく説明されていました。

 

抗議の内容としては、野菜の細かな分類から始まり、環境条件や各野菜の生態、必要な光の強さ、土壌の酸度などの説明があり、その後代表的な野菜について詳しく解説されていました。

 

受講者の方々も、もらった資料を見つつ何度か首を縦に振っていました。
説明の補足点は忘れないようにメモ。
日程は講義を前半 1 時間、後半 1 時間、昼食をはさんだ後、班に分かれ、実際の農家の畑に向かい農業体験をする、というプログラムです。

実際の畑での作業を前に、受講者の方々は、おっかなびっくりしながらも、貴重な体験を自分のものにしようと奮闘。
現場で教えられることはとっても大事ですよね。
今回の講義では、農家の方々の目線で野菜を見ることができ、野菜への手間暇、そして愛を知ることができました。
野菜の栽培に少しでも興味のある方は、次回の講座に是非参加してみてください。
普段は見れない野菜の一面を見ることができますよ。